« DARKER THAN BLACK 流星の双子 ep6 「香りは甘く、心は苦く・・・」感想 | トップページ | 事業仕分けについて、もう一言 »

2009年11月29日 (日)

事業仕分けに関するひとこと

事業仕分け、と言うやつがかなり話題というか問題になっている。やれ、FX、スパコンから漢方薬の健康保険適用除外まであれこれ。ノーベル賞受賞研究者や元宇宙飛行士までが擁護に担ぎ出されている。
個々の問題については、技術的+経済的+政治的な複雑な問題であるから、とても素人がジャッジできないようなややこしい問題が多いのに、素人のネットオタクから著名な経済学者や評論家まで、百家争鳴である。
ただ、それぞれの分野に詳しい専門家と言うのは同時に利害関係者でもある場合がほとんどであるから、この問題はとてもたちが悪く、素人が口出しせざるを得ない訳だ。

ここでは具体的な事項に関する議論はしないが、一番心配なのは、採算性とかわかりやすい成果にばかりとらわれて、本来「公共」が為すべきことは何なのか?がなおざりにされることである。

下記HPに挙げられていることがほぼ私の見解と重なるのでそちらを見てほしい。

以下、引用。
--------------------------------------
正直な気持ち:
「事業仕分けはあくまでも慎重に!! 」
http://blogs.yahoo.co.jp/cook402000/57867105.html

国民へ公開と言う違いはありますが、全体のフレームとしては、財務省の強いイニシャティブを感じますね

公共性がしばしば、天下りや族議員の隠れ蓑、無駄使いの温床として使われていることが事実であっても、だからと言って公共性や公的な役割を安易に廃止するなど無視をする理由にはならないということです。非効率な面があるのであれば、その効率化を目指すことが肝要だと思います。

行政刷新会議及び事業仕分けグループに配置されている「小さな政府」思考の市場原理主義者、新自由主義者の存在がその懸念材料である。

--------------------------------------
世に倦む日日:
「基準と意味のスリカエ - 事業仕分けは官僚の無駄の根絶とは」
http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-185.html

ところが、現在市ヶ谷の国立印刷局(財務省)体育館で行われている事業仕分けでは、仕分けの対象にされている理由は、
(1)赤字で採算性が悪い
(2)費用対効果が十分でない
(3)民間に任せられる、
、等々である。

国の事業というのは儲からなくてはならず、黒字を出して利益を上げろという主張に他ならない。逆ではないか。採算に合う事業ではないから国がやっているのである。今回の事業仕分けを支配しているクライテリアは、受益者に負担させ、国の持ち出しを減らし、社会保障や文教予算を縮減して身軽になろうとする「小さな政府」の論理と志向である。官僚の無駄を削るはずの仕分けが、国民の生活や国家の未来を削る仕分けに転化している。  

引用終わり
--------------------------------------

一言だけ補足しておくと、いわゆる「民営化」と言うやつを私はあまり信用していない。国鉄→JR、電電公社→NTT等の巨大組織の解体から自治体事業の民間委託(ゴミ収集とか)に至るまで、政府が現業部門を切り捨てて企画立案・管理機能だけに特化することは、少人数のスタッフで大きな予算を執行できると言うだけのことであり、「正社員」の公務員は少なくなるが予算規模は小さくならない。「民営化」された現業部門は「民間企業」と言うことになり、予算や議会の影響が及ばなくなり透明性は低下する。「小さな政府」の正体とはこう言ったことだ。
我々がなぜ、見ているか否かにかかわらずNHKの受信料を払わねばならないか?なぜいつまでたっても高速道路が無料化されないか?を考えてみれば、こう言った似非「政治改革」が「見えない税金」を増やすばかりであることが分かると思う。

|

« DARKER THAN BLACK 流星の双子 ep6 「香りは甘く、心は苦く・・・」感想 | トップページ | 事業仕分けについて、もう一言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212363/46892140

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分けに関するひとこと:

« DARKER THAN BLACK 流星の双子 ep6 「香りは甘く、心は苦く・・・」感想 | トップページ | 事業仕分けについて、もう一言 »